Takumi Endo 遠藤卓実

遠藤卓実

厚生労働省・農林水産省認可法人日本カイロプラクティック推進協同組合 ACA本部加盟

 

ACA認定カイロプラクター

ACA認定スポーツトレーナー

 

ドイツACAカイロプラクティック      名  誉 会 長 井上敦司

                                                                            会   長 遠藤卓実     

ドイツACAカイロプラクティック学院       代   表 遠藤卓実

ACAスポーツカイロ研究会            理   事 遠藤卓実

・全日本ロードレース選手権参戦

・ロードレース世界選手権ワイルドカード参戦

・IDMドイツヤマハR6カップ参戦

・日本ACAカイロプラクティック医学院入学

・日本ACAカイロプラクティック医学院卒業(認定カイロプラクター)

・日本ACAカイロプラクティックスポーツトレーナー学科修了

・Rückenglück ACA Düsseldorf 日本式自然療法研究室 開業


「自分の経験から、人は自らに持つ自然治癒力をもっと引き出せる!そう考え、手技療法家になりました。」

 

「事が故に起こった事故」

プロのオートバイレーサー(最後の2年間はドイツが活動拠点)だった時代、自らの「健康の管理」(栄養面、基礎体力面、睡眠面等)をスポーツ選手としてはあまりにもずさんな状態で活動しており、その限界が来た時私は一人で歩けないほどの障害を脊椎に受けてしまいました。行く専門医ではどこへ行っても復帰は無理だからあきらめろと口をそろえたように言われ、精神面、肉体面共に全てをあきらめそうになっていました。

 

「偶然で必然な出会い」 

毎朝目が覚め、現実に帰るのがどうしようもないくらい辛く落ち込んでいた私の前に「偶然で必然」な出会いがあったのです。ヘルニア持ちの父の提案で、そして私はワラをもすがる思いで「ACAカイロプラクティックセンター」に行ってみたのです。そして外科医が復帰は無理だと口をそろえて言っていた脊椎の障害をその先生に診ていただき、回復の見込みは十分にあると言って頂いたのです。

そしてその言葉は現実となり、あれほど呪われた様に痛く動かなかった自分の身体は見事プロ選手としてほぼ完璧に復帰できるほどに回復しました。

 

「第二のプロ活動」

その後、多くの成績を残し、いろいろなチャレンジをした後プロ活動を引退しました。そして私は迷う事無くその学校を訪ね手技療法家として生きていく道を選んだのです。解剖学、生理学、運動力学、栄養学、病理学、そして多くの臨床経験を積み、独立する場所としてドイツを選んだのです。 

 

私たちのウェブサイトをご覧頂きありがとうございます。よき出会いに感謝します。

 

現役時代の院長遠藤の全日本選手権、世界選手権、ドイツ選手権時代の思い出写真です。

Masaki Chikazawa 近澤正輝

マイナスからのスタート 

中学生の頃から難病を患い高校2年になって、食事療法や薬では間に合わなくなり入院生活、絶食期間の後手術を行いました。退院後、すっかり痩せ筋肉も落ち体重は39キロまで落ちていました。入院生活の反動から、5キロのダンベルを購入して帰り、その日からリハビリトレーニングの道が始まりました。 

 

「身を持って健康の大切さを知る」 

格闘技を習っていた時期もあり、怪我をする度に学び、健康の大切さを考えさせられました。 

特に20歳を過ぎてから8年程慢性的な腰痛に悩まされ、時には歩けない事もありました。 

本格的に歩けなくなった時、医者からストレッチをするように言われ、ストレッチを毎日し、ヨガをはじめ、弱い部分の筋トレをする事で、時間はかかりましたが、今では痛みがほとんど出なくなりました。 

 

「様々な動き、トレーニングを様々な国で」 

23歳の頃に初めてオーストラリアに行ってから、カナダニュージーランドアイルランドと様々な国に行き、町を移る度にジムに通い、ジムが無い場所ではその場所で出来るトレーニングを考えました。新しい動きを学ぶのが好きでキックボクシングカポエイラ、器械体操、ヨガ等、様々なクラスを通して動きを学びました。フリーウェイトで自分の体重を15キロ程増やしたものの、もっと自由自在に動かせる身体を目指し、今ではファンクショナルトレーニングカリステニクスメイントレーニングする様になりました。 

 

身体のこと、動きのことは一生かけて勉強していこうと思っています。 

自分の経験と知識が皆様の役に立つ様に精一杯頑張りますので、宜しくお願い致します。