カイロプラクティックの歴史

カイロプラクティックは1895年、アメリカ、アイオワ州のダンポートで磁気治療を行っていたダニエル・デービッド・パーマーによって生まれました。当時、磁気治療師として開業していたD.D.パーマーは、オフィスビルに掃除夫として働いていた難聴者のハービー・リラードに出会います。H.リラードの治療を買って出たD.D.パーマーがリラードの脊柱を触診するとこぶのように突起した部分を見つけました。D.D.パーマーはこの突起した部分がリラードのの難聴の原因ではないかと考えました。そしてリラードの了承を得てこの突出した部分を元に戻すようにアジャストメント(矯正)を行ったところリラードの難聴は見事に治ってしまったそうです。このあまりにも有名な「ファーストアジャストメント」からカイロプラクティックの歴史が始まりました。

 

カイロプラクティックでは「サブラクセーション」という脊椎に起こる生理学的、神経学的な異常(サブラクセーション)を見つけそれをアジャストメントすることで自然治癒力を高め、健康な状態に戻すことを目的とします。カイロプラクティックという名称の由来は、D.D.パーマーの友人であり、患者であった牧師のサミュエル・ウィードに相談しました。ウィードはギリシャ語の「cheiros」(手)と「praktikos」(手技術で行う)という意味をつなげて「Chiropractic」はどうかと提案し、D.D.パーマーはその案を採用してカイロプラクティックが誕生しました。

 

アメリカでは、現在に至るまで様々な研究、及びテクニックが開発され世界中に普及している代替医療の一つであり鍼灸等と同様に扱われております。世界保健機構(WHO)ではカイロプラクティックの定義を「筋骨格系の障害とそれが及ぼす健康への影響を診断、治療、予防する専門職である。」としています。

ドイツでのカイロプラクティックの地位は「Heilpraktiker」(ハイルプラクティカー)もしくは医師が保険適応で治療ができる代替医療とされています。内、外科等で処方箋でカイロプラクティックの治療が必要な場合に個人が加盟するプライベート健康保険のみ適応されます。