Heilpraktiker Schule

2013/8/15

ハイルプラクティカー学校に入学申し込みをし入学許可を得ることが出来ました。

カイロプラクティック?

ハイルプラクティック?

なんだか違いがわからない?

ですね。そうこの言葉の意味まったく違います。カイロプラクティックとはアメリカ生まれのメディカルマニュプレーションテクニック、アジャストメントテクニックを利用した治療方法です。

ハイルプラクティカーとはドイツの保健所、衛生局の定める資格のことで大まかなグループ名です。

ドイツではカイロプラクティックで保険を利用し治療を受けるためにはドイツ国内のハイルプラクティカー有資格者が持つプラクティス出なければいけません。学習内容は主に医学基礎知識と簡単な処置の実習です。メスを持てるようにはなりませんが看護婦さんのする仕事の大半は学習内容に含まれています。注射とか・・・。もちろんすべてドイツ語での勉強です。試験も筆記試験、口答試験、実施試験と当たり前にドイツ語が出来ないと話になりません。医学用語がすべてドイツ語ですから。

私のドイツ語は今のところB1と言うレベルに区分けされていまして私生活が何とかできる程度です。語学学校では毎日4時間週5回のペースで通っています。家での勉強も最低3時間はしているかな?それ以上しないと授業についていけません。ドイツ人や英語の出来る人ならおよそ1年から2年ほどで資格取得が可能なようです。しかし私の場合一緒にドイツ語を勉強しなければいけませんから倍はかかると言うことです。この学校のすばらしいところは資格取得まで何年通い続けても授業料が一回分以上必要ないところです。なんて親切な学校なんでしょうか!?ありがたいです。先は長い話になるかと思いますがここドイツで根付くために患者さんの経済負担は減らしたいもの、日本でもそれが願いですがそういった制度がカイロプラクティックに適用されるのにはまだ時間が必要のようですし、私はここでやることに決めました。3年後くらいを目標に来週からハイルプラクティカー学校に通い始めます。

これほど文学を学ぶモチベーションが高いのは目標が定まっているため。すでに自分の人生で今ほどペンを握り締めている経験はありませんが、今以上にペンを握ることになりそうです。顔晴ります!

 

遠藤卓実