アジャストメントはカイロプラクターの愛。

皆さんこんばんは、リュッケングリュック エーシーエー 遠藤卓実です。

 

今日は午前中ハイルプラクティカーの学校で勉強した後合間を見て自分の体のメンテナンスに行ってきました。もちろんカイロプラクティックですよ。

 

カイロプラクターは自らの体のスタビリティーを利用して患者さんの骨をアジャストメントします。よってカイロプラクターの体はどんどんありとあらゆる方向にカウンターを受けています。そう、患者さんの体をアジャストメントするほどカイロプラクターはネガティブ方向のアジャストメント(※自らの体にサブラクセイションを作ると言う意味)を自分の体に受けるわけです。これは多くのカイロプラクターが承知して行っています。アジャスメントを必要とする人をより良くしてあげたいと思うカイロプラクターの愛がこもったアジャストメントなのです。

 

私の先生はみな様日本に居られます。そう私をアジャストしてくださるカイロプラクターは日本にいるのです。困った。これが5年前ドイツでレースをしていた頃の悩み、ドイツにカイロプラクターが少ないから、「自分がドイツでやろう」と思った理由。

しかし、今ではここドイツで何人かのカイロプラクターと出会いました。今私がコミニケーションをとっているのが「Ahean, Paul DC」というアメリカ人のカイロプラクターです。彼はアメリカで勉強した後ここドイツで開業しました。すでにここに来て10年がたつそうですが彼のプラクシスも大変多くの患者さんでいつもいっぱいです。彼はアメリカ人でカイロプラクティックの本場で育っていますが、ここドイツで開業したのには理由があるのでしょう!

今日は久しぶりに彼のところに寄ってきました。もちろん腕は一流。人柄もよく利用者さんにとても好かれています。僕の体もドイツにいるときは彼にアジャストしてもらっています。だいぶ大きくずれた僕の頚椎もすっかり良くなりました。これでまた明日から私の元へ来ていただく利用者さんに愛のこもったアジャストメントを施術できるわけです。

 

 

Thanks Paul!

 

※サブラクセイションとは椎骨の亜脱臼の事でこの状態にある椎骨の周りの筋肉や靭帯、神経はその悪影響を受け痛みやシビレ等が起こります。

ブログランキング・にほんブログ村へ